緑の触覚

過疎鯖なんだもん。みんな仲良く遊べばいいと思うよっ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gvリーグ

プロスポーツ界はお休み期間ということもあり、選手の加入・移籍が話題になってます。自分も昔、サカつくに熱中していたことがあるので、こういった話題には興味があります。
別の所でですが、以前、サッカーに例えてGvレポを書いたこともあるように、Gvとスポーツは近い部分もあると思います。
今回は、ギルドをプロスポーツチームに例えた話を書いてみようと思います。

月俸制の導入
サッカーや野球では、選手と契約を結ぶ時に「1年あたり○千万円」というように年俸で契約します。Gvで言うところの経費に当たるでしょうか。
この年俸の額は、選手の能力に合わせて上下しますが、Gvでは職業に合わせるとよいかもしれません。
例えば、ADSやフルコを使うクリエイターは高めに設定し、スキルにお金をかけないような職業は低めに設定します。
全ギルド共通の平均を決め、そこからキャラの評価でどれだけ額が上下するかで、契約するギルドを判断する材料にするとよいでしょう。
また、月に4~5回しかないGvで1年毎の契約では長いので、月単位の契約にするとギルド側にとってもキャラにとってもちょうどよい期間かなと思います。

オプション契約
野球選手の契約では、よく「出来高払い」という言葉を聞きます。ある条件を満たせばその分多く報酬がもらえるというものでしょう。
これをROでやるなら、特殊装備や操作PC数などが適当だと思います。
例えば、マヤパやゴス、神器といったお高い装備を持っている人に対しては+αのお金がもらえるようにします。複数PCの場合はそれぞれのキャラ分経費を払うのはさすがに多いと思うので、「キャラの経費を平均した額」+「複数PC手当て」といった形が適当でしょう。

いない場合を考慮する
スポーツに怪我は付き物ですが、Gvにおいても必ずしも出場できると言う物ではありません。中には急に仕事が忙しくなって出れなくなる人や、体調を崩して休む人もいるでしょう。
出れなかった分の契約金を支払わないようにすれば、それはそれで良いですが、休みがちな人が多いとその穴を埋めるのが大変なので、その辺りも考えて契約すると良いでしょう。

巨○やレ○ルのように
このような契約制にするとやはり資金力が大事になります。
より良い選手と契約したい場合は、それに見合ったお金を用意しなければなりません。
さらに、スポーツと違って人数制限がないに等しいGvでは、このシステムにするとお金があればあるほど、多くの人と契約できることになってしまいます。
この辺りは難しいですが、何もお金が全てではないし、スポーツと一緒で「あの人と同じチームでやりたい」と思ったり、「このチームの方針が自分に合っている」と思ったりと、他にも決め手になる部分があると思うので大丈夫でしょう。

合同トライアウトの実施
この時期は、戦力外通告をされた選手が一堂に集まって、各チームに自分をアピールする合同トライアウトというものが行われます。
ROにもPvがあるので、未契約の人みんなが一旦Pvに集まり、いくつかのPTに分かれてPT戦を行い、その後でギルドマスターが契約を行う、といったこともできるでしょう。
ただ、ROで戦力外というのは、よほどのことがない限りならないと思うので、全ての人が自分をアピールする場として行うとよいかもしれません。

良い選手を引き抜く
大リーグではよくある話だそうですが、他のチームの選手を自分のチームに入れようと、首脳陣はいろいろ考えていることでしょう。
相手のチームにお金を払ったり、自分のチームの選手とトレードしたりと、方法は違いますが、ビジネスは非情なものです。
ROは遊びの一種なので、こういったことは難しいでしょうが、「あのギルドのあの人は上手い」と思うことはあると思います。そういう人と一緒にやりたいと思うのは悪いことではないと思うので、いっそのことトレードを「有り」にしてしまえば、引き抜かれた側も正攻法でなら納得できるでしょう。
また、サッカーには期限付き移籍というものがあるので、これにならって一時期だけ他のギルドでGvに出るというのも面白いと思います。

本格的にやるなら
やはり、人数に決まりがないとどうしてもバランスが悪くなってしまいます。
1ギルド辺りや職業ごとに人数制限があれば、その枠の中でどうやってやりくりしようかと考えるようになり、また、ギルドごとのバランスもよくなるかと思います。
それから、ドラフトのように、選手を順番に指名していくような感じにすれば、優先順位も重要になってくるので、さらにチーム作りが面白くなると思います。


結局の所、こんな感じのGvをするのには色々と無理があります。
しかし、部分的には利用できることもあります。例えば、経費的に赤字が多いギルドは、職業で見て大体の経費を予想し、黒字になる職構成を考えることもできるし、ギルド内外の自分に対する評価というものも結構気になる人がいると思うので、モチベーションを上げるためにこういった話題を出すのもよいかもしれません。(逆に下げることも考えられますが…)
あちこちのギルドで出ることは、自分みたいな傭兵ならできるでしょうが、通常は難しいでしょう。しかし、もし、こういったGvをやりたいギルドがあれば、全てのギルドでなくてもいくつかのギルドで集まって、その中でやることもできると思います。

また、契約云々の話からは逸れますが、CJNのMな方がPv企画を行っており、これなら個人レベルでも気軽に楽しむことができると思います。
こういったイベントで、ギルドの垣根を越えて遊べる機会があると、For鯖としても良いですね。
スポンサーサイト

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/12/26(土) 18:59:35|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://awgeru.blog49.fc2.com/tb.php/117-099ba47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。