緑の触覚

過疎鯖なんだもん。みんな仲良く遊べばいいと思うよっ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Gvと戦(いくさ)

最近、「歴女」という言葉も生まれるくらい戦国時代ブームです。私は歴史自体は詳しくないのですが、旅行などで社寺や城といった歴史的建造物を見るのは好きです。
それはさておき、戦国時代といえば、その名の通り、数々の戦いがあったわけですが、ROのGvに通じるものはあるのだろうかと考えてみました。

※こんな感じであっただろうと言う想像を元に書きます。

守りながら攻める
戦は拠点となる城があり、そこから敵国の城を攻めるといった形を取ります。Gvで言うと、ラストの派兵は同じと言えるかもしれませんが、時間の大半は違います。

現在のForsety鯖に限って言えば、攻めている勢力のほとんどが砦を持っていない状態だと思います。それは、人数的な問題もありますが、楽しさを求めるゲームの世界では、全員攻撃全員守備の方が平等に楽しめるし、経過はどうであれ最後に砦を獲得できていれば、その砦は自分達のものになるからです。

以前は今よりもGv人口が多く、防衛中に攻め手がなければ、防衛を維持しながら他の砦を攻めるということもでき、手薄になった防衛を狙うようなギルド間の駆け引きもありました。しかし、1勢力辺りの人数の減少や防衛勢力が少ないことによって攻めかぶりが増えたため、全軍でも守りきることが難しくなり、また、宝の上方修正で商業値が低くても経費が賄えたりするため、完全防衛を目指して防衛する勢力は少なくなりました。


城を落とされたら負け
戦の場合、城を落とされたら、複数の城を持っていたり、同盟国が健在ならそちらに退却するという手もありますが、そうでなければ後は死ぬか敵国の配下になるという選択しかないので、その点でも他国を攻めるにしても自分達の城を守る必要があったわけです。
しかし、Gvでは落とされてもすぐに取り戻しに行くことができるし、死んでもセーブポイントに戻されるだけなので、全然意識が違うと思います。


移動に時間がかかる
当たり前ですが戦場へ行くのは徒歩、もしくは馬でしょう。ROみたいに一瞬で飛んでいくことは不可能です。もし、ポタやEMCがGvで使えなかったら、かなり不便ですね。
また、攻めている間に別の国から狙われる可能性もあり、そうなった場合には兵を戻すのも苦労します。なので戦は、攻めるにしてもそれなりの覚悟が必要になりますが、Gvはその辺りは気軽にできると言えるでしょう。


重要な点は同じ
強さの要素といえば、数・質・装備・城でしょうか。兵は多い方がよいでしょうし、名のある武将がいるというのは心強いです。さらに、かつて織田信長が鉄砲を使って戦に勝利したように、良い装備があるということも有利に働きます。そして、城の防衛力というのも関係してきます。
Gvにおいても、規模や内容は違うものの、戦いにおいて何が重要かは変わらないと言えるでしょう。


Gvと戦の融合
Gvで戦のようなルールで戦ったらどうなるでしょうか。
例えば、開始時には全てのギルドに最低1つの砦を守ってもらいます。同盟で1つの砦を守るのも良いと思いますが、開始時はギルド単位の方が公平かもしれません。
そして、自分達の砦を守りながら他の砦を攻めます。砦を落とされてしまった場合は、落とした側のギルドの同盟に加わり、落とした側が守る砦が増えます。
攻め手が負けた(撤退した)場合は何も変わりません。

 AvsB(戦場=B砦) → Aの勝利 → AB同盟(所有砦=A,B)
 AvsB(戦場=A砦) → Aの勝利 → 変化なし

もし、Bの所有砦が他にもあった場合、AB同盟はできず、Bは残っている砦を守ります。

 「Aの所有砦=A砦、Bの所有砦=B砦・C砦」
 AvsB(戦場=B砦) → Aの勝利 → Aの所有砦=A砦・B砦、Bの所有砦=C砦

このような感じで最後まで戦えば、おそらく3~4つの大きな勢力ができると思います。序盤ではどこのギルドから配下にするかを考えて攻め、終盤ではどこの勢力がどこの勢力を攻め、どこが手薄になるか、といった駆け引きも楽しめると思います。
最終的に獲得した砦は同盟で共有することになります。宝の分配は同盟内のトップ次第でしょう。

なお、全体的に戦いの規模は小さくなると思いますし、砦に優劣があるため、開始時に砦を選べるハンデがないと、ギルドによっては厳しいかもしれません。それに、1回(2時間)だけやっても消化不良になりそうです。


得られるものはあるはず
Gvと戦では違う部分が多いですが、共通する部分もあり、戦から学ぶべき点もあるかもしれません。
今の世にも名を残している武将のように、「あの勢力にこの人あり」と言われるような活躍をしたり、どこよりも強い勢力を作ったりと、何かを目指してやるのも良いと思います。温故知新という言葉もありますし。

なお、便利な部分が多いGvで戦をすることは可能だと思います。ただ、戦をしたいなら信Onでもやればいいという話になりそうですが…。



最後に
SEが実装されてからは、Gv自体にバリエーションが増えて、楽しみ方も多くなりましたが、鯖特有の楽しみ方があると、この鯖のGvをやってみたいと思う人が出てくるかもしれません。そうなればGv人口の増加にも繋がりますし、Gvに飽きた方にも興味を持ってもらえるかもしれません。
当然、変わったことをすれば面白いというわけでもないので、反って逆効果になる場合もあります。さらには大変な労力が必要なため、そう簡単に実行することは難しいでしょう。

しかし、プレイヤー次第で様々なやり方ができるということは良いことです。Gvで使われる戦術においても、これまで様々な方法を考えて実践されてきたように、Gv自体のやり方を考えてみるのも面白いのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/09/22(火) 23:07:54|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://awgeru.blog49.fc2.com/tb.php/88-995e1196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。